SSRIより、さらに新しい抗うつ薬の一群が第四世代の抗うつ薬で、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)です。セロトニンだけではなく、ノルアドレナリンにも働きかけるところがSSRIとは異なっていて、一般的にはSSRIより抗うつ効果が高いといわれています。副作用が少なくて安全性が高いことでも注目されており、現在、日本では、ミルナシプラン(トレドミン)、デュロキセチン(サインバルタ)、ベンラファキシン(イフェクサー)が販売されています。