医療医薬品には新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。

新薬

製薬品メーカーが研究開発を重ねて世界ではじめて市場に出回るお薬で、新薬は先発医薬品といわれています。製薬メーカーが開発した新薬を発売するに際して、必ず20年から25年の間、独占的に製造販売が許される特許を取得します。

 ジェネリック医薬品

製薬メーカーが取得した20年から25年の特許期間が満了を迎えると各国の医薬品を管轄する省庁である厚生労働省または保健省(Ministry of health)などの許認可を受けて、同じ成分や製造工程を経て製造販売されるお薬です。新薬と同じ有効成分を含有する為、効能効果から副作用にいたるまで新薬と同等のものとなりますが、研究開発および製造工程が圧倒的に削減されることから新薬と比較して薬価が割安となっています。その為、使用者が負担する医療費も軽減されることから、わが国でもジェネリック医薬品の使用を推奨しています。

調剤薬局で薬剤師に伝えることで新薬からジェネリック医薬品に変えられます。

新薬と比べて安価なジェネリック医薬品を使用したい場合は、薬剤師にその旨を伝えるだけで簡単に変更することができます。医療機関で発行された処方せんを処方せん薬局に持ち込んだ際に「ジェネリック医薬品でお願いします」と一言伝えるだけで、簡単にジェネリック医薬品を使用することができます。また、最近ではインターネット通販の普及と比例して国外の薬局から直接ジェネリック医薬品を通信販売で購入することも容易にできるようになりました。

ジェネリック医薬品はお財布に優しいお値段です。

医療機関を受診して処方される新薬の購入を続けることで、家計への負担が心配されますが、ジェネリック医薬品であれば大きく負担を減らすことが可能です。特に継続して医薬品を服用しなくてはいけない疾患をお持ちの方などにとっては死活問題ともいえるでしょう。ジェネリック医薬品は新薬の研究開発にかかる莫大な費用がかからない為、非常に安価な設定で販売されています。また、最近では通信販売によるジェネリック医薬品の購入も盛んです。

ジェネリック医薬品は効果も安全性も新薬と変わりません。

ジェネリック医薬品の製造販売には安全性は無論、製造や品質の管理などについての厳しい基準が設けられています。そのため製造許可には新薬同様に規制と基準を遵守したプロセスが必須です。